設計事務所に依頼すれば満足のいく家が建てられる

トラブルの防ぎ方

積み木

借地に関する相談は、不動産会社にするのが一般的です。しかし、どこの不動産会社に相談するかは、慎重に決める必要があります。借地に関する権利は、複雑になりがちです。なぜなら、借地は、権利者が複数いる不動産だからです。少なくとも土地の所有者と地上の建物の権利者は必ず存在します。相談する人の立場が地主側であれ借主側であれ、もう一方との意思疎通は必要です。そのことを理解している不動産会社でなければ、借地の問題は任せられないのです。事実、それがもとでトラブルになることもあります。例えば、借主側が建物の売却を検討し、不動産会社に相談した話があります。その不動産会社は普通の土地の売買と同じように、まず買い手を探してから交渉をしようとしました。そのあと地主側に話を通そうとしたところ、地主側は聞いていないと怒り、結果話がこじれたというのです。これは、借地について知識の浅い不動産会社に相談を持ち掛けたのが原因でした。このような事態を招かないためにも、借地について相談する時は、借地専門の不動産会社や、専任のスタッフがいるようなところを見つけることが大切です。不動産会社に依頼するメリットは、相談からその後の土地の扱いまで、総合的に対応し、選択肢を示してくれるところです。せっかくのそのメリットを最大限に活かすためには、相談する側もしっかりどうして欲しいのかを認識し、それに対しての知識とノウハウを持っている不動産会社に相談することが大切です。